2017年03月30日

大物掛け幅収納箱完成

本日、この大物掛け幅収納箱にサンディングを行い完成しました。都合6本の掛け幅収納箱を作りました。
今後、この手の箱作りに多いに勉強になりました。

箱大完成1.jpg

箱大完成2.jpg
posted by かねとく at 00:39| Comment(0) | 作品

2017年03月28日

大物掛け幅箱 切離し

昨日に続き、大物掛け幅収納箱の製作を行っています。今日は箱の留め継部を接着しマイターキーを切りキー取り付けで接着部を強化。その後、箱を上下に切り離すため、テーブルソーの溝きりカッターで8o幅の溝を切り分離しました。写真はそのときのテーブルソーと本作品の状況です。この工法ではこの2m長の箱が限界です。
箱の断面寸法は以前の箱とかわりませんが、長さが2mまで長くなると作業の全てにおいて無理が生じてきて、助手の応援が欲しいところでが、体力と気力でしのぎました。

箱大切離し1.jpg
箱の上端面と天井との隙間数センチでした。しかし、なんとなるものです。

箱大切離し2.jpg

8o幅x4o深の溝を、テーブルソーの溝きりカッターで切るところ


箱大切離し3.jpg
箱を切離したところです。勘合調整は明日やり一連の箱製作は完了の予定
posted by かねとく at 22:22| Comment(0) | 作品

2017年03月27日

掛け幅箱 最後の大物

今日は、土曜日に準備しておいた最後の大物掛け幅収納箱(約2m長)の板材の挽き割りから仮組み立てまでを
行う事が出来ました。やはり、2m長となると各工程で作業環境整備に手間がかかり大変でしたが、なんとか仮組み立て出来ました。箱の上下に取付ける天板や底板は、側板と端面板の溝に差し込む鏡板となっており、そのハメ合い具合が命であるので、慎重にホゾを切り出しますが、薄板全体を均一に切り出すのは反りが発生し至難の技が必要です。そこで、ややコンサバに切り出し、溝鉋で溝に上手く入るようにホゾを削り納めました。
この溝鉋は、クリンカーボートを10年前に製作した際に購入したものですが、本当に役立っています。

2m収納箱−1.jpg

2m収納箱−2.jpg


2m収納箱−3.jpg
10年前にクリンカーボート製作の際に購入した溝鉋
posted by かねとく at 22:36| Comment(0) | 作品