2017年06月29日

スパイリング(Spiling:曲面トレース)

昨日に続き、アマ底板のスパイリング(Spiling:ボート造船用語で普通の辞典にはない)を行い底板を切り出した。
ここでもう少しスパイリングについて説明しておきたい。昨日、モールド上で底板に対しスパイリング・バテン(曲線トレース定規と呼ぶことにする)に、各モールドの前面エッジの位置を半径一定のコンパスで円弧を描き写し取って。今度はこのスパイリング・バテンをモールドから外し、底板を切り出すベニア板の上に置きズレない様マスクテープ等で仮止めする。次に同バテンに描き取った円弧の円周上の任意の3点から使用した半径一定のコンパスでベニア板へ円弧を書き交点を描く。この交点が各モールド上のエッジとなる。これらの交点に釘を打ちバテン(曲線を描くための細長い角材)で結ぶと滑らかな曲線となり、底板の外周をトレースしたことになる。私は、いつもコンパスとバテンを使用し曲線トレースを行っているが、大変高い精度で実現できるので満足している。

IMGP0027 (1).jpg
スパイリング・バテンの円周上の3点から同一半径のコンパスを使い切り出す板に交点を書き出したところ

IMGP0028 (1).jpg
スパイリング・バテンを全体にみたところ


IMGP0029 (1).jpg
各交点をバテンで結び滑らかな外周を描き出す。



IMGP0030 (1).jpg
ある交点にバテンを置いたところ


IMGP0033.jpg
切り出した底板を外板の上に仮取り付けしたところ


IMGP0034 (1).jpg
仮止めした底板を反対から見たところ
posted by かねとく at 22:51| Comment(4) | ボート

2017年06月28日

Amaの組み立て

今日は、バルクヘッドの組み立て、ストロングバックにモールドと一緒に取り付け、外板やシェアークランプの実装の準備をした。バルクヘッドは細かい桟材の接着加工があり結構手間がかかり大変であった。とにかく、外板を取り付ける状況までこぎつけた。その後、底部の板を切り出すため、お得意のスパイリングバテンを作り底部の局面トレースをしたところで今日は時間となった。疲労困憊である。

IMGP0013.jpg
ストロングバックにモールドとバルクヘッドとそれにシェアークランプを取り付けたところ

IMGP0018.jpg
木型に外板を取り付けたところで、スパイリングを待っているところ

IMGP0020 (1).jpg



IMGP0022.jpg

モールド上のスパイリングバテンを展開し、コンパスで板同士が接触する地点を円弧を書きトレースする。
posted by かねとく at 23:00| Comment(0) | カヌー

2017年06月27日

Amaの製作を始める

今日からAma(アウトリガーの浮力体)の製作を始めた。先ず購入しておいたAma外板用の3ミリ厚ベニア板を切り出し、その他のモールド(断面木型)、バルクヘッド(隔壁)、ストロングバック(船台)等々を切り出し船台とモールドの仮組み立てまで終えた。ストロングバックには、センターにAka(Amaを取り付けるビーム)に取り付けるボルトを仕込んだ隔壁、300ミリ間隔に取り付ける隔壁、そしてその前後のモールドで都合7枚を取り付ける。またそれらの上面(写真では下面)コーナにシェアークランプ(11mm厚x16mm幅)を取り付ける。工法はステッチアンドグルーであるので、この様なモールドは不要かもしれないが、なにせ狭い内部であるのでモールドとストロングバックで固定している方がやり良いので自分はいつもこの方法をとる。

IMGP0002 (1).jpg
モールドの船底部傾斜を切り出し

IMGP0006.jpg
出来上がったモールドとバルクヘッドの部材


IMGP0007.jpg
今回のAma設計図


IMGP0004 (1).jpg
ストロングバック

IMGP0012 (1).jpg
ストロングバックにモールドとバルクヘッドを仮取り付けたしたところ
posted by かねとく at 22:34| Comment(0) | カヌー