2017年10月24日

丸天板作成

キャンドルスタンドの作成もいよいよ大詰めお迎え、天板を作成した。キャンドルスタンドの特性上板厚は12.7mmと薄いがブラックチェリー材は丈夫でしっかりしている。バンドソーで円切りジグを使用し精度高い円形ができた。この円形天板の裏表外周部に表側は丸面、裏側は斜面の面取りを施すが、今回は適切なルータビットがないので全て豆カンナで削り出すことにした。手カンナは焦げ付きがないので大変楽である。

IMGP0057.jpg

IMGP0054 (2).jpg

IMGP0058 (2).jpg
この豆カンナで天板表裏の面取り削りをする。

IMGP0060.jpg
ポストと天板をつなぐ横さんを天馬に載せたところ。

IMGP0062 (3).jpg
試しにポストに横さんを差し込み天板を載せてみた。
posted by かねとく at 22:07| Comment(0) | 作品

2017年10月23日

脚部接着組み立て

テーパー削りと丸面取りができた脚部をポストに接着組み立てを完了した。
あとは天板を受ける横桟と天板の作成となった。横桟は天板取り付けネジ穴開け以外は完了した。
明日、天板を接ぎ合せ、円盤に仕上げる。その後、仕上げた天板とポストをアセンブルする。

IMGP0049 (2).jpg

IMGP0051 (1).jpg

IMGP0052 (1).jpg
奥のスタンドが先日からフィジビリティスタディーしていたもので、手前が本番のチェリー材で作成した試作である。
posted by かねとく at 23:41| Comment(0) | 作品

脚部のテーパー削り

キャンドルスタンド脚部のテーパー削りを実施した。写真では、はっきり見えないかもしれないが、脚部根元は19ミリ厚で先端に向けテーパーをつけ13ミリ(両面から3ミリ削る)厚程に仕上げている。このテーパをつけるだけでまたこのスタンドがエレガントさを増す。

IMGP0045 (1).jpg
手押しカンナ盤でほぼ3ミリのテーパー削りを行なった後、写真のジグを使いカンナ仕上げをする

IMGP0047 (3).jpg
テーパー削りしてあるが、遠近感ではっきり見えないかもしれない

IMGP0048 (3).jpg

posted by かねとく at 23:29| Comment(0) | 作品