2017年10月13日

キャンドルスタンドの蟻溝彫りジグ作成

キャンドルスタンドのポストの足元には120度感覚で湾曲した脚が付く。この脚をポストと接合するのにポストに蟻溝を彫り差し込む必要があるが、円筒のポストに正確に120度間隔に蟻溝をほるにはこのジグが必要であり今日作成した。
木工旋盤にはインデックス機構がありドライブセンターを正確に15度づつ回転固定できる。120度であるので8回インデックスを移動するば設定できる勘定である。しかし、テールストックセンターの直径が大きくルータービットが接触する可能性があるので、この回転センターも細いものに変える必要があるようだ。

IMGP0065 (2).jpg
21ミリ厚のOSB調パネルを使用しジグを作成した。重いが形状は安定している。

IMGP0066.jpg

IMGP0067 (2).jpg
ジグの中にワークのキャンドルスタンドのポストを取り付けた

IMGP0068 (2).jpg
ジグにプランジルータを乗せたところ
posted by かねとく at 21:48| Comment(0) | 作品

これも作品

リフォーム現場の依頼で手洗いキャビネットに付属するトイレットペーパラックを製作したが、仕様変更で結局このような小物に変身してしまった。用途は水道管の覆いになるそうだ。ただし、キャビネットとの接合はキーホール金物でつけることにした。


IMGP0064 (3).jpg
posted by かねとく at 21:33| Comment(0) | 日記