2018年01月04日

2018年仕事始め

今年は今日から仕事を始めた。まず、環境整備として木っ端入れ箱と、一つ前のブログで紹介のダミーコンセントの作成、それから、本命のコンパウンドマイタートレー作成のためのコンパウンドマイターカットをするためのジグを作成し、合わせて不具合(切断面の焦げ付き)の検討を行った。真の原因追及までにはもう少し時間がかかるかもしれないが、だんだんとそのメカニズムがわかってきた。

IMGP0007 (4).jpg
今までは、半透明のガラ入れ袋に木っ端を放り込むだけであったので、その背後にあるジグ類を取り出すときは、いちいち袋を倒れない様に移動したいたが、キャスター付きの箱にしたので即移動ができまた臨時の置台になる。

IMGP0008 (4).jpg
検討中のコンパウンドマイターカットジグ
posted by かねとく at 23:28| Comment(0) | 日記

安全対策でダミーコンセント

以前テーブルソーの丸鋸刃交換時には、安全のため電源プラグを手元コンセントから取り外しテーブルソー上に置きモータが動かないことを確認しながら交換作業を行う事を紹介した。しかし、抜いたプラグをテーブルソー上に置くだけでは転げ落ちたり、他のものに挟まれプラグ自体が破損(写真のごとく実際に挟まれカバーが破損したのでガムテープで補修してある)するので、写真のダミーコンセントを作成し転げ落ちないようにした。当該コンセントの裏には強力なネオジ磁石を貼り付けたので安定しており大変便利である。プラグを受ける穴も手持ち工具だけで開けられた。

IMGP0002 (7).jpg

IMGP0004 (9).jpg

IMGP0005 (8).jpg

IMGP0006 (5).jpg

posted by かねとく at 23:11| Comment(0) | 木工機械