2018年01月05日

四方転び留継カットジグの検討

昨日よりの続きで留切り断面の焦げるメカニズムを追求し、原因を突き止めることができた。一つはマイターゲージバーとスロットのガタを取り切っていなかった。もう一つは、留切りジグ上でワークを前後にブレない押さえ方が出来ていなかった点である。マイターゲージバーのガタは調整用ブロックを微調整し解決。ワークのブレは前後移動を抑えるパッドを作成しこれも解決となった。今回は、切断面のわずかな焦げ付きであったが、症状をよく観察しそのメカニズムを考えると真因がわかるものであると再認識した。

IMGP0010 (6).jpg
ワーク上にあるオーク材で作成した引っ掛け押えパッド。昨日は単にワークを上から抑えるだけのブロックであった。

IMGP0018 (7).jpg
対策をした後の留切り切断面、全く焦げななく均一面である。

IMGP0011 (9).jpg
対策後、切り出した板を仮留して見たところ、綺麗に接合している。

IMGP0014 (9).jpg
大、中、小のトレー側面板をテープで貼り合わせ、重ね合わせ具合や、大きさの確認をした。


IMGP0016 (7).jpg
posted by かねとく at 22:34| Comment(0) | 作品