2018年02月05日

工作台にパピー(puppy:子犬)を作る

現在仕掛り中のオーダーメイド作品であるサイドテーブル天板を仕上げるのに木端面削りが必要で、Fine WoodWorking Magazineの記事にあるパピーを作製した。この器具の名はパピーと言っているが、ベンチドッグの代わりに差し込む器具できっと洒落れで名付けられたのではないかと思う。また形はbench dog よりも大きいのにpuppy(子犬)というのも面白い。とにかく1セット作製し大変うまく動作し満足している。

IMGP0036 (7).jpg
25ミリ厚オーク集成材を40ミリ厚に積層し、回転するように加工する。

IMGP0037 (8).jpg
切り出したオーク材に21ミリΦの丸棒を取り付けドッグホールに差し込み回転ができるようにする。

IMGP0040 (5).jpg
パピーは、まだ完成していないが、サイドテーブル天板の木端を削って見た。保持具合は完璧である。


IMGP0042 (8).jpg
ワークを取り付ける前のベンチとパピーの状況
posted by かねとく at 23:13| Comment(0) | 工房