2018年03月06日

TVキャビネット製作再開

造作家具のロフトデスクや地元中学校のボランティア活動で中断したTVキャビネットの製作を再開した。側板右底部と右底板の包み蟻組みの調整を行い、うまく嵌合させることができた。やはり、先ず底板と天板両端に蟻のテール部を切り出し、これをテンプレートとして側板に同ピン部を右・左勝手の白引きで正確にトレーする。そのために今回左勝手の白引きを購入したが、大正解で満足している。

IMGP0029 (10).jpg

IMGP0032 (9).jpg
残念ながら包み蟻組みは、側板の中に収まるので完成後外から見ることはできない。側板、天、底板共に板目であるので若干湾曲するが、墨付けと蟻切り出し時に板幅全体を締込み桟で締め込むとその湾曲は矯正されるので、組立後はお互いに直線に収まる。

IMGP0030 (13).jpg

posted by かねとく at 23:14| Comment(0) | 作品

工房の壁面工具ラック改造

以前作成した、壁面の工具ラック(角鑿とドライバービット等)に取り外し性や他の工具を追加し利便性を高めた。暇な時になんとかしょうと考えていたが、なかなかできず本日思い切って作業を実行した。これでかなり便利になった。

IMGP0025 (12).jpg
以前の丸穴に差し込んでいたものは、角鑿ビット全体を持ち上げ収納用穴へ差し込む必要があり、ラッウの上部にデッドスペースができ利用効率が悪かった。そこで同角鑿ビットの収納穴はやめ、前面から貫通をまで穴の分切り落とし持ち上げる高さは数ミリでOKになった。

IMGP0027 (8).jpg
電動ドライバー等のビット収納ラックであるが、まだ工具を取り付ける余地があるので、スパナ類とアレンレンチ類を整頓することにした。これで、バンドソー調整じいちいちボール盤架台下の引き出しまで行くことがなくなった。
posted by かねとく at 23:03| Comment(0) | 工房

ロフトデスク完成

先週から製作していたロフトデスクが組み上げ完成した。部品点数5点のいたって簡単なものであるが、重くて取り回しが良くない。まあ、造作家具であるので仕方ない。このあと分解・養生し納入を待つ。

IMGP0015 (6).jpg

IMGP0017 (11).jpg
posted by かねとく at 22:40| Comment(0) | 作品