2018年03月11日

サイドテーブル修理完了

今日は工房の定休日であるが、明日からの現場出張があるので、急ぎ修理を完了させるため、サイドテーブル本体もスクレーパーとサンディングで丁寧に仕上げ蜜蝋ワックス掛けした。蜜蝋ワックスは今回初めての使用であるがなかなかいい感じに仕上がった。また、脚部のガタつきはテーブルソー定盤の上で確認したところ前脚左側が0.2mm程高くヤスリで削り調整を終えた。このように定盤で調整しても、納入先で床平面度が出ていないとガタつくことを説明しフェルトパッド等の対策を説明した。


IMGP0022 (13).jpg

IMGP0018 (12).jpg

IMGP0021 (12).jpg

posted by かねとく at 21:55| Comment(0) | 日記

建築現場の箱を作る

飛び込みの建築現場の仕事で鏡を掛ける箱を作った。写真奥にある板類や角材も一連の仕事である。組手を使わない箱作も結構面倒である。

IMGP0017 (13).jpg
posted by かねとく at 00:40| Comment(0) | 日記

天板の不具合修理

先日出荷したミニサイドテーブルの天板に紙箱底面が貼り付き、修理に返却して頂いた。原因はオイル仕上げの乾燥不足と判断、全く不覚であったと反省している。早速、修理のため水を含ませた布を張り付き箇所に当て紙をふやかし大方を剥ぎ取れた。しかし、印刷表面の薄い層がまだ残っており、その対策を思案したところ名案(ハンドスクレーパ)が浮かびこれを利用したところ、大変綺麗に掻き取れた。このハンドスクレーパーは、アメリカの木工用で老舗のLie Nielsen社のもので自分にとって秘密兵器となった。


IMGP0009 (9).jpg

IMGP0014 (14).jpg

IMGP0016 (13).jpg
posted by かねとく at 00:32| Comment(0) | 作品