2018年04月23日

WBBM@奥琵琶湖(高島市)に参加

4月20日の夜から滋賀県高島市の水鳥センター近くの浜で開催されたWBBM(木造艇自作者・愛好家集)に参加し23日午後帰宅した。睡眠不足(熟睡できない)で大変疲れているが、今回は好天に恵まれ大変気持ちのよいミーティングであった。あまり写真と取れなかったが、当工房のが製作したAcorn Dinghyは何時もきになるので写真を撮ったが晴天で霞がかかった状態であるが白い船体が水面に綺麗に映えている。自分のセイリングカヌーの写真は近々ラダーを作り直すために喫水近くの状況を確認するために撮ってもらった。そのた、折り畳み式のボートにパワーフィンをタンデムに装備したものを漕がせてもらったが、大変効率が良く推進することを自分でも確認できよい機会であった。

IMGP0015 (9).jpg
自分のセイリングカヌーの写真からラダーの作りかえを検討する

IMGP0027 (10).jpg
春霞にか映るAcorn Dinghy

IMGP0029 (12).jpg
WBBMに参加した艇

IMGP0022 (15).jpg
折りたたみ式ボート(FlipTail)にパワーフィンをつけたところ
posted by かねとく at 20:27| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

ナイフヒンジの取付

TVキャビネットの中仕切板に仕上げ鉋を掛け天板と底板中央の溝に納めた。続いて昨日来のナイフヒンジを取付ける溝を
正確に罫書きトリマーで掘り込み、ヒンジをはめて見た。やはり溝を切るときは白引きを使い溝の広がりを防ぐのが一番である。ナイフヒンジは、まだ完成ではなく回転軸の固定と表面のサンドペーパによる研磨を後ほど行う。

IMGP0001 (6).jpg

IMGP0004 (14).jpg

IMGP0005 (15).jpg

IMGP0006 (10).jpg


IMGP0007 (10).jpg
posted by かねとく at 21:29| Comment(0) | 作品

2018年04月18日

ナイフヒンジ完成

昨日から取り掛かっているナイフヒンジ16個(8セット)は今日一日を掛け製作完了した。昨日の試作の穴開けで発生した「巻き上げ」問題は、昨日Youtubeで見つけた対策(切刃のネガティブレイク加工)を早速実施し、試して見たところ一発で解決できた。貫通した裏面にはバリも出ないで綺麗な仕上がりである。大変ありがたい動画であった感謝したい。
切り出した真鍮板の形状は一つだけで、左勝手、右勝手は2個の皿穴を置く面とピンの止め方で決める。
あとは、回転をスムースにするため真鍮板の間に平ワッシャーを入れる。

IMGP0044 (4).jpg
ドリルビットが3φと細く見辛いが、先端切刃の左側にネガティブレイク加工を施してある。


IMGP0046 (5).jpg
今回購入したヒートガンを真鍮板に青ニスを塗装した後の乾燥機に使用しているところ。

IMGP0048 (9).jpg
切刃にネガティブレイク加工をしているのでキリコの形状はパラパラとした細かい破片となっている。

IMGP0050 (7).jpg

IMGP0049 (6).jpg
posted by かねとく at 22:59| Comment(0) | 作品