2018年05月04日

ラフタスクウェア(Rafter Square)購入

大きな治具(Cross Cutting Sled)等を正確に製作するためには、できるだけ大きなスクウェアで丸鋸刃とフェンスとの角度を直角にする必要があるが、細い差し金では妻手が少し短く今ひとつ頼りない。以前からYoutube等でアメリカの木工家達はこのラフタスクウェア(シンワの商品名でUSではFraming Squareという)を利用し、丸鋸刃とフェンスの初期直角設定を行なっている。幅広で適度な厚みがありこの用途にはうってつけである。自分も近々Cross Cutting Sledを作り直す予定であるので購入することにした。

IMGP0025 (15).jpg
posted by かねとく at 23:37| Comment(0) | 工房

TVキャビネット本体の包み蟻組み調整

暫く中断している本作品は、キャビネット本体がまだ組み上がっていない。今日は本体の包み蟻組み嵌合を調整し明日にでも接着組み立てを終えたいと考えている。製作当初はこの様なことをしなくても、デッドブローハンマーで少し打てば、当該勘合部は収まっていたいが、時間が経ち湿度の具合で大変キツイものになっていた。

IMGP0012 (13).jpg


IMGP0013 (10).jpg


IMGP0016 (17).jpg
posted by かねとく at 23:17| Comment(0) | 作品

ウインザースツール 製作完了

今日、3回目のオイル仕上げを終えY様ご注文のウインザースツール製作を終えた。あとはオイル仕上げの乾燥状況を暫く見て出荷となった。オイル仕上げ作業中はゴム手袋をはめ油で汚れているので写真撮影はいつもは行わないが、今回公開することにした。PETボトルに入っていのが桐油、小さい缶はカシュー塗料で「透No.53」であり、大きな四角い缶はガムテレピン油で薄め液に使用している。従ってこのオイル仕上げはワトコオイルの様な石油系の匂いはなく、ほとんどがカシュー塗料の漆調のにおいがする。

IMGP0010 (10).jpg

IMGP0023 (11).jpg
posted by かねとく at 23:04| Comment(0) | 作品