2019年07月30日

ルーバードア完成

今日は、ルーバドアの本体を水拭きサンディングで仕上げ行い、昨日完成させてルーバ部品を組み立てルーバドア本体に取り付け総合組み立てを完了した。ところでルーバスラット(斜めの薄板)は29枚もあり、今回はドアー框に直接スラットのホゾ組みしないで10ミリ厚の縦桟に先ず差し込み、それから組み上げたルーバ本体をドアー本体にネジ5本で取り付けた。
しかし、このやり方でも29枚のスラットを一度に縦桟に通すことは難しい。


IMGP0002 (30).jpg

IMGP0003 (31).jpg

IMGP0004 (35).jpg

IMGP0005 (38).jpg

IMGP0013 (30).jpg
posted by かねとく at 00:03| Comment(0) | 作品

2019年07月28日

ルーバー部品完成

本日ようやく、ルーバの縦桟とスラット(斜めの薄板)が出来上がった。スラットの丸面取り等の調整を行い明日完成させる。今回の建具製作ではルータを多用したがホゾ切り出しには大変時間がかかる結果となり、テーブルソーのテノイングジグを使用したホゾ切りは大変効率が良く比べ物になあらないと感じた。

IMGP0067 (13).jpg

IMGP0066 (8).jpg
posted by かねとく at 21:28| Comment(0) | 作品

ルーバードアのルーバー溝彫りジグ作成

納期が迫り、昨日まではルーバードアのルーバー溝切り出しジグの構想は迷走していたが、本日ようやく考えが決定した。
早速、同ジグの製作を行いまずまずの精度でルーバーの溝を掘ることができた。今回のポイントは、いかにルーバブレードの間隔を一定に保つか?またこれを達成するためのジグの製作を精度高く行うかである。ネットで公開されているジグの製作要領が大いに参考となった。

IMGP0055 (18).jpg

IMGP0057 (19).jpg

IMGP0058 (20).jpg

IMGP0059 (15).jpg

IMGP0060 (17).jpg

IMGP0062 (15).jpg

IMGP0065 (16).jpg

IMGP0048 (21).jpg
posted by かねとく at 00:30| Comment(0) | 木工機械