2019年07月26日

ルーバードアに鏡板をつける

今日は、ルーバードア鏡板の表面をレイズドパネルビットで削出し。裏面はフラット面とするとめテーブルソーで段附加工にした。その後、ルーバと散りつけるためのルーバーカットジグの製作に入ったが、スレッド部とルーターサブベースまでで終わる。明日は本ジグを完成させルーバ差込溝を切り出しをしなくてはいけない。超忙しくなりそうだ。

IMGP0054 (19).jpg

IMGP0048 (21).jpg

IMGP0049 (21).jpg

IMGP0052 (14).jpg


IMGP0051 (17).jpg
縦框にルーバを入れるために、ビード加工した部分を切り取ったところ。加工には大変手間取る作業である
posted by かねとく at 23:33| Comment(0) | 作品

2019年07月25日

ルーバー付きドア今日の進捗

今回のルーバー付きドアーは、幅が狭くこれを左右に並べ中央部を蝶番で繋ぐ折戸である。従って、蝶番でつなぐ中央部の縦框は最終組み立ての前に所定の幅に切り落とす。今日は、全体の框組みまでができた。明日から懸案のルーバの製作に入る。


IMGP0040 (22).jpg

IMGP0042 (33).jpg

IMGP0043 (22).jpg
posted by かねとく at 22:53| Comment(0) | 作品

2019年07月24日

ルーバードア製作再開

Balanced Lug Sail RIgの製作と納入が終わり、2日間の出張中断から本日再開した。このドアーは小ぶりの折戸で上部にルーバーを取り付けるのが、自分にとってチャレンジング・イッシュウとなる。そのため、框構造の部分までは前回のドア製作と同様であるので先ずこの部分を先に作り、中盤からルーバの製作に取り掛かる。

IMGP0034 (27).jpg
墨付け後、卓上角鑿盤で幅広のホゾ穴を開ける。

IMGP0035 (25).jpg
彫り終わった1/4"角鑿盤

IMGP0037 (27).jpg
縦框のビード加工後の姿

IMGP0038 (27).jpg

IMGP0039 (23).jpg
posted by かねとく at 22:24| Comment(0) | 作品