2019年07月04日

レイズドパネルドアー製作準備

本件の木造りはできたので、今回初めて使用するレイズドパネルドアー専用ビットを、ルータテーブルに取り付けたプランジルーに実装した。ところが色々と問題が出てきて既存のルータテーブルではビットを収納する高さが足らず、急遽自作した。また、自分のプランジルータは最高に押し込んだ位置でようよく使える高さとなった。
それよりも、今回使用する框専用ビットは直径が大きく回転数を落として使用しなければならない。そこで、アマゾンで中国製の安物デジタルタコメータを購入しルータの回転数を測定しルータ本体側面に貼り付けた。これで、ビットに規定されている回転数で使用できる。このデジタルタコメータは、当工房内の木工旋盤にあるデジタルタコメータと比較測定したが大差なく安心して使用できる。

IMGP0027 (27).jpg


IMGP0025 (32).jpg

IMGP0023 (24).jpg

IMGP0022 (30).jpg

IMGP0021 (30).jpg

IMGP0018 (31).jpg

IMGP0017 (25).jpg
posted by かねとく at 23:23| Comment(0) | 作品