2019年10月19日

ラダー金物を完成

今日は、昨日作成したピントル内側のサンディングと、ラダーブレード回転板の製作を行い、ラダー金物をほぼ完成させた。しかし、各部の面取りとピントルの取り付けで現物合わせで調整が必要となる。今日も真鍮板の切断及び円切り出しには、バンドソーが大いに威力を発揮した。どれも切断ジグと円切りジグの活用で作業効率が良い。

IMGP0017 (31).jpg
ラダーブレード回転板の真鍮板を切り出しジグに載せバンドソーで切り出したところ。回転板は左右対称なので、ジグは片面だけでok、真鍮板を裏返すだけ。

IMGP0019 (29).jpg
回転板の底辺の円弧を円切りジグを使用し切り抜いているところ

IMGP0020 (29).jpg
今度は回転盤の頂点部の円弧を同様の円切りジグで切り抜いているところ

IMGP0021 (35).jpg
これで2枚の回転板の出来上がり

IMGP0022 (34).jpg
ベルトサンダー掛けで板断面を滑らかにしてラダー金物の完成

IMGP0027 (32).jpg
まだ実装でいていないがこんな感じになる。

IMGP0028 (28).jpg
ピントルの取り付け位置であるが、カヌーのステムは湾曲しているので、初めに書いてように現物と合わせ調整が必要になる。
posted by かねとく at 23:00| Comment(0) | カヌー