2019年10月24日

ラダーブレード回転板のstop金具を取り付ける

ラダーブレードはラダーヘッド部の支点から回転板で繋がれているので、後方はラダーヘッド後縁で当たり止まるが、前方へは障害物がないので船体に当たるまではフリーとなる。そこでラダーブレードが定位置(ラダーヘッド部と一致したところで)止まるように回転板を止める金具(stop)が必要となる。この部分は水中に位置するので走行時の水流をできるだけ妨げない形状が良いのであるが、スペース上写真のようになった。これは実際に帆走して確認するしかない。

IMGP0065 (19).jpg

IMGP0066 (11).jpg
posted by かねとく at 22:58| Comment(0) | カヌー