2020年04月30日

ラダーバックチェアーの貫と桟材を挽く

今日は一日中、木工旋盤でラダーバックチェアーの座面貫材とその他桟材を都合11本を挽き終えた。大変単純な部品であるが細く長いので、ワークが300mmや400mm長でも回転中にブレ出しワークに手の平を添える等の対策が必要で結構時間が掛かった。まだ丸ホゾの嵌合調整はしていないが、はやる気持ちを抑えられず、ホゾが刺さる分だけでも組んでみた。想定通りの角度で組み上げができそうである。

IMGP0036 (45).jpg
細い貫材の丸棒削り出しと格闘中

IMGP0037 (38).jpg

IMGP0038 (41).jpg
とりあえず、4面を繋いでみた

IMGP0040 (38).jpg
posted by かねとく at 23:51| Comment(0) | 作品

2020年04月29日

ラダーバックチェアーのホゾ穴開け完了

ドリルビットも買い直し、本日、前後脚の丸ホゾと後脚上部のスラット(薄板)のホゾ穴開けは無事完璧な形で完了した。今回ジグ製作に約4日間ほど掛けたが、間違えもなく大変精度が高い穴あけが出来た。New Yankee Workshop のNorm Abram氏に深謝したい。



IMGP0023 (38).jpg
丸ホゾ穴開けでは最初に開けた丸穴に16φの丸棒を差し込み以降の穴開けでワーク軸が動かないようにしている。

IMGP0025 (44).jpg
スラットの長ホゾ穴は3箇所あるが、これも最初の長穴の始点と終点に1/4"のビットで丸穴を開けておき、1/4"の丸軸のビレイピンを作成し差し込みワーク軸の動きを固定している。

IMGP0028 (41).jpg
先端部の固定に爪楊枝を使用

IMGP0029 (44).jpg

IMGP0031 (46).jpg
開けた丸ホゾとスラットホゾ穴の整列具合は良好、これは穴開け治具の精度を反映している。

IMGP0033 (41).jpg
posted by かねとく at 22:47| Comment(0) | 作品

2020年04月28日

木工用ドリルビットいろいろ

昨日、ラダーバックチェアー治具の穴開けで16φドリルビット(C型ショートドリルビット)先端が同治具を組み立ているネジに当たり損傷した。そのため一連の作業はその時点で止め、本日朝一で地元ホームセンターへ行き同型のドリルビットを購入しょうとしたが在庫はなくまた作業を中断した。色々とありそうなホームセンターや道具専門店に問い合わせたが同型ビットは置いていなかった。ようやく似たF型ドリルビットを探し買い求め使用したその直後に今度は別のネジにあたり損傷した。昨日から何度も同じ失敗で気落ちしている。まあ、とにかく明日、再度F型ビットを購入し作業を再開する。

C型ビットもF型ビットもよく似ているが、先端部が大違いである。C型で開けた穴の底は綺麗な平坦面になるが、F型は先端が擂鉢状になっており留め穴の場合逆円錐形になる。今回の作品の様に丸ホゾ穴にするとその底面は逆円錐形で、丸ホゾを差し込んでも、その円錐形の部分に空間ができてしまう。このC型とF型の製造メーカー(スターエム)は同じで販売会社が違う様である。どちらも切れ味やバリが出ないことで性能は抜群で、F型は竹にも最適だそうである。

IMGP0022 (46).jpg
C型とF型ビット、両方とも損傷したのでダイヤモンドグラインダーで研ぎ直したが側面研磨はできなかった。

IMGP0019 (42).jpg
F型ビット先端部

IMGP0017 (45).jpg
C型ビットの先端部

IMGP0021 (44).jpg
治具の丸穴ホゾはできているので木栓を作り差し込んでみた。

IMGP0020 (42).jpg

posted by かねとく at 23:58| Comment(0) | 木工機械