2020年10月07日

Macgregor canoe スターン(船尾)のキールソン削り完成

割り込み仕事が入り、休み休みに進めているMacgregor Sailing canoeは本日ようやくスターン部の削り込みが出来た。今後は、7枚のプランクのフェアーカーブを確かめるためのバテン製作や全長4メートル強のカッティングテーブルを作る必要がある。プランク材切り出しまでまだまだ時間がかかりそうである。

IMGP0002 (63).jpg
キールソン削りの前に豆鉋の刃研ぎと台直しを行う。写真下方に見えるのは、台直し治具である。

IMGP0005 (65).jpg


IMGP0006 (57).jpg


IMGP0007 (56).jpg


posted by かねとく at 22:56| Comment(0) | カヌー