2020年11月10日

Macgregor canoe ステムのネジ穴埋めと、とげ抜き

工房内が材木やサンプル品で混んできたので、Macgregor canoeの外板切り出しの準備が遅れえいる。今日は棚板の納品待で更に置き場がない状態である。そこで、同カヌーのステムにフェアリングバテンを打ち付けたネジ穴を埋めることにした。ネジ穴を3Φのドリルで穴を整形しダボで穴埋めである。こんな簡単なことであるが、これを怠ると本番の外板接着工程で不具合を起こす可能性が高いので手抜きができない。

IMGP0065 (29).jpg


IMGP0066 (18).jpg

話は変わるが、全ての木工作業では、素手で行うことが多い。これは木工機械の使用中に巻き込まれるという大事故を防止するためである。素手であれば切り傷で済むが、手袋をつけると巻き込まれ手指切断の危険があるからだ。なので、素手の作業にはトゲ刺さりが絶えない。それで、当工房では、大きなトゲ抜きを採用している。本来の用途は魚料理の小骨抜きだそうである。大変重宝している。

IMGP0069 (17).jpg
posted by かねとく at 22:29| Comment(0) | 日記