2022年02月15日

極小豆鉋

先週から約1週間強、マイターソーの馬と架台製作に時間を割いたので、カレドニアヨール模型の製作は中断していたが本日から再開した。ここで必要になるのが模型の縮尺された部材を如何に鉋掛けするかということである。現在所有の豆鉋でも、未だ大きすぎて使用できないので極小豆鉋を製作することにした。出来るだけ小さい物を作りたのであるが、実際に入手できる刃物厚と、豆鉋平台に開ける抑え溝を切る道具(極小鋸、極小ノミ等)小型化する限度が決まるので、今回は25mmW x 50mmL x 25mmHとなった。製作は小さいので、墨付けが確りしていれば思っていたより早く出来た。まだ初回の試行であるが良く削れる。

IMGP0001 (64).jpg

IMGP0002 (98).jpg

IMGP0003 (81).jpg

IMGP0004 (85).jpg

IMGP0005 (88).jpg

IMGP0007 (85).jpg
刃口は失敗したが何とか削れる。

IMGP0008 (82).jpg

IMGP0010 (76).jpg
一枚刃であるので、順目であれば綺麗な削りが出来る。
posted by かねとく at 23:16| Comment(0) | 木工機械