2022年06月13日

ウルヴァリン・グラインディングジグの導入

以前から、木工旋盤刃物の研ぎに利用したいと思っていたウルヴァリン・グラインディングジグを導入した。といっても、本家のONEWAY社製のものではない。きっとそれと同じ物であると思うが、中国製のそっくりさんである。その分バリグラインド治具も含めても半額で購入できた。取説はなく写真で参考図的な案内があるだけで、グラインダと本治具ベース板の位置関係は指示が無いので、Youtubeで調べ(6.25"-6.5")高さを合わせ設置した。この後即試し削りをボウルがウジを使いフィンガーネイル形状に変更加工を始めたが削り量が多く今日は途中までとなった。

IMGP0063 (32).jpg


IMGP0064 (36).jpg
本治具底面とグラインダの回転軸間隔を合わせるために、18mm厚のベニアをグラインダの下に詰めた。

IMGP0067 (23).jpg
バリグラインド治具

IMGP0068 (24).jpg
posted by かねとく at 22:44| Comment(0) | 木工機械