2022年06月18日

カヌー着脱式式シートの製作その2

シート単体は、ごくありふれた井桁状の枠であるが、座面を籐編みするので19mm間隔で6.5Φの穴を開けなければならない。井桁に組み上げる前にこれらの穴を開けることにした。籐の幅は約3mmであるが穴の丸面取りをしておかないと後々引き回しの抵抗が大きくなり綺麗に編み上げが出来ない。この面取りで何時も重宝しているのは先端に4φ程度の真鍮棒が付いている3Rの丸面ビットである。ベアリングではないが細い真鍮棒だからこの様な狭い穴にも対応できる。

IMGP0013 (103).jpg
4箇所のほぞ穴開けであるが、角ノミ盤を使用し左右対称な穴開けと均一なホゾ穴長を確実にしている。

IMGP0016 (91).jpg
ずいぶん活躍しているので真鍮棒もかなりすり減ってきた

IMGP0019 (88).jpg

IMGP0020 (83).jpg
posted by かねとく at 22:17| Comment(0) | カヌー