2022年11月15日

遠州行灯の台輪円筒部材

今日は日中、所用で出かけていたので、朝と夜の一部の時間帯のみの作業となった。行灯の台輪円筒部の板材のスカーフジョイント削りを行い、近々に蒸し曲げを行えるようにした。幅広材は2.5mmTx65mmWで, 狭い方は2mmTx20mmWの薄板である。この様な薄板であるがスカーフジョイント部の勾配は1:35とし、かなり緩やかな勾配で設計している。

IMG_0764.jpg



IMG_0765.jpg


IMG_0766.jpg


IMG_0767.jpg


IMG_0768.jpg
posted by かねとく at 23:14| Comment(0) | 作品