2022年11月21日

遠州行灯 火袋外側(上・下)丸輪の接着と縦産のホゾ穴加工

火袋外側の丸輪の積層接着を行った。接着要領は内側丸輪のときと同じであるが、たかが2枚積層でも結構面倒な作業である。注意点は内外層のスカーフジョイント部に隙間が出来やすいので、曲型に取り付けその外をホースバンドで少しずつ締め込むことである。この様な手間がかかるので、近々に2枚積層ではなく、1本の材をスカーフジョイントだけで製作する方法を確認したいと考えている。

丸輪接着乾燥の間に、これと接続する縦桟のほぞ穴加工を行った。これは火袋下部の半円の横桟で、縦桟の底から50mmに取り付ける。


IMGP0052 (50).jpg
火袋外側丸輪の積層接着


IMGP0051 (62).jpg



IMGP0049 (70).jpg
暫く使っていなかったルーターテーブルを設定し、縦桟のほぞ穴切り出しを行った。

IMGP0046 (67).jpg

IMGP0053 (59).jpg
縦桟に横半丸桟を取り付けた様子(サンプル)。今日は、この半丸横桟の幅を決めるため自動鉋盤を通し破損(愚かなことをしてしまった)させてしまったので、写真は取り付け状態のみを示している。
posted by かねとく at 23:06| Comment(0) | 作品