2017年09月25日

抽斗のツマミ旋盤加工

昨日作成した抽斗ツマミ材を、テンプレートに準備した最終形に旋盤加工した。ツマミ先端部はスキューチィゼルを使用し局面をだす。裏側の凹面は細いスピンドルガウジで彫り込む。まだ慣れていないのでこの凹面を削るのに右側ではキャッチが発生したが、3個目以降は要領を得て削れるようになった。加工量は少ないが一発勝負の作業で緊張したが面白くなって来た。

IMGP0038 (4).jpg
ツマミが挽き上がったところ

IMGP0043 (2).jpg
旋盤にJacobs Chuckを装着するには、脱落防止のためモールステーパ後端部に長ボルトを取り付ける。これは自作のボルトである。


IMGP0044 (2).jpg
左端が最初の1個目で右へ続く

IMGP0048 (2).jpg
出来上がったツマミに楔を打ち込む切り込みを入れ、抽斗裏側から楔を打ち込み接着して、出来上がり。
posted by かねとく at 23:19| Comment(0) | 作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: