2018年09月22日

ガイドレールを作る

昨日製作しておいたCross Cutting Sled部材の磨き角鋼材とUHMWは、同スレッドのガイドレールに使用するが、細かい点で色々と細工しなければならない。角鋼は75ミリ間隔にセンタパンチを打ち込みその傷の盛り上がりで溝とのガタを修正する。柔らかいUHMWは、センタパンチの方法は利用できないので、思いついたのが3ミリのタッピングビスを同部材の横に打ち込み上手く隙間をふさぐことができた。

IMGP0009 (16).jpg

IMGP0010 (18).jpg
posted by かねとく at 00:15| Comment(0) | 木工機械
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: