2018年10月12日

カヌードーリー改良

昨年組み立て式のカヌードーリーを制作し、パドリング時の移動には大変重宝している。しかし本ドーリーにカヌーを載せる時は、ドーリーの架台部分が上を向いたままで、カヌーを載せてもドーリー架台部分は回転カヌー底部に接触しない。この対策として架台部を少し持ち上げれば、カヌーを載せておろすに従い架台部は回転し密着する。そこで写真の回転式ブレース(突っかい棒)を取り付けた。収納時は架台部と平行になりボタンでブレースの落下を防ぐ。

IMGP0025 (24).jpg
ブレースがないとこのように架台部が上を向く

IMGP0018 (22).jpg

IMGP0019 (16).jpg
ブレースとボタンはオーク材(25t x 34w x 230l)

IMGP0021 (21).jpg

IMGP0022 (24).jpg
posted by かねとく at 22:52| Comment(0) | カヌー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: