2018年11月25日

工房の電話

約4年前に導入した工房の電話は、当初NTTのアナログ回線であったが、その一月後位にソフトバンクのNTT回線を借りた格安サービスに切り替えた(ナンバーディスプレイと転送機能つき)でNTTアナログ回線料金より少し安いくらいであった。しかし、今年の7月にNTTの勧誘会社のうまい話に乗り不必要なNTTフレッツ光回線に切り替えてしまった。工事費等は同業者からのキャシュバックで問題はないが、使用料金が税込で元の二倍近く上がり騙されたと気がついた。インターネットを使用しない工房内では光回線は不要である。そこで、色々と見ていたらソフトバンクの「おうちの電話」が見つかり、これに切り替えをした。このシステムは言わば携帯電話による固定電話である。切り替えは12月6日となるが、電話番号は現状と同じ。

IMGP0023 (18).jpg
この10cm角程度の箱が「おうちの電話」装置である。回線準備OKの通知がくると、現在接続してる光モデムからこちらに電話機のケーブルを差し替えるだけである。
posted by かねとく at 16:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: