2019年05月11日

テーブルソーのゼロ・クリアランス インサートを作る

昨日の鋸刃軸位置修理でテーブルソーは快調に動いているが、現状のゼロクリアランスインサートは、同鋸刃軸の左ズレでゼロクリアランスと言えないくらいの隙間ができてしまった。今後も薄板を引き割ることがあるので、今回新規にゼロ・クリアランス インサートを作ることにした。材料は前回と同様に21ミリ厚のエラボ材(両面はハードボードに白色シール貼り付けで、内部は赤松のOSB)を使用している。すでにテンプレートを作成しているので墨付けは簡単であるが、トリマーの深さを3mmステップで彫り込んで行くのが少し時間がかかる。

一番面倒なのは、同インサートを如何にして定位置にセットしするかである。今回はテーブルソーの付属品の金属製インサートの高さ合せセットネジを引っ込めて、同インサート表面をテーブソー定盤から少し引き下げ、その窪地に新規インサート材を置き位置合せを行う。しかし、どうしても少しのガタがあり今日の結果では0.5mm程度のオフセットが発生してしまい、刃厚3.3mmの方は少しインサートと接触する場合があった。最近多用している薄刃の2.38mmは丁度より隙間が左右にできている。次回は、この対策として鉄製インサートの上に置くやり方はやめ、8インチ径3.8mm厚の溝切りカッターで導きのスリットを切り出し、次に本番の10インチ鋸刃と交換してインサートを切り通すようにする。今回は、鋸刃厚3.38mmに対し溝切りカッター3.8mmの導きスリットは少し大きくなりすぎと懸念したからである。しかし鋸刃軸のズレが出るようでは何にもならないと後で気付いた。

昨日からの修理とゼロクリアランス・インサートの新規製作で、テーブルソーは大変快調になった。

IMGP0057 (15).jpg
今回製作したゼロクリアランス・インサート裏面、結構細かい座繰りが必要である

IMGP0060 (12).jpg
インサートの表面、左上の窓は鋸の割刃の着脱用のラッチ操作穴

IMGP0061 (11).jpg
金属製インサートとワークのインサートを両面テープで借り固定

IMGP0062 (12).jpg
こんな感じで位置合せをした

IMGP0064 (16).jpg
次に下から回転している丸鋸刃を押し当てインサートにスリットを切り込むため、縦一文字に板を当てその両端をクランプで固定する

IMGP0065 (14).jpg
当て板共々鋸刃を挽き通す。


IMGP0066 (6).jpg

IMGP0067 (11).jpg
本当に鋸刃はインサートとゼロクリアランスで回転している。

IMGP0068 (10).jpg
抑え板を取り除き、鋸刃スリットがインサートにできた。
posted by かねとく at 21:48| Comment(0) | 木工機械
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: