2019年06月10日

キッチン収納家具 引き出し接着

今日、5杯の抽斗を接着実施したが、底の抽斗大を接着ご内側を覗くとなんとポリランバーボードのアバタが多数発見された。これは、きっとポリランバーボード生産過程でできたものであるが、今更取り替え要求をしても納期に間に合わないので、幸い残部材で切り出せる事が判り作り直した。この過程で加工箇所を間違え合計で数時間のロスとなった。
やはり、慌てるとろくな事がない。

IMGP0011 (26).jpg
角材と3/8"全ネジを利用した自作クランプで抽斗小を接着固定している。

IMGP0012 (27).jpg
3/8"の全ネジは結構圧搾力があり、締めすぎると12ミリ厚のポリランバーボードはカンタに湾曲する。慌てて、ナットを緩め赤いクランプで矯正した。

IMGP0013 (27).jpg


IMGP0015 (22).jpg
この抽斗大を作り直した。
posted by かねとく at 22:37| Comment(0) | 作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: