2019年08月16日

NOK(Not OK)の抽斗が復活

現在仕掛り中の留継枠の製作も終わりいよいよ出荷の運びとなったが、これらを安全に搬送するための箱を今回作ろうと考え色々と工房内の端材を物色していた。そんな折、6月に製作したキッチン収納家具の一番大きい抽斗が、素材の白ポリランバーコアボードの不良でNOK(Not OK:不良)として跳ねたものがあるのに気がついた。これは、丁寧に確り製作したので解体せずに今日まで保管物の囲いとして使用していたものである。早速、詳細に改造を検討すると深さが少し足らないので、底と天面に留継枠を付け足すことにした。あとは底面の補強と蓋と取っ手紐を取り付けると最高の搬送箱になる。

日本では、品質判定をOK(良品合格)とNG(不良品不合格)という表記が多いが、和製英語である。
NG(不良)を使うのであれば、その反対表記はGood(良)となる。OK(良)とするのであればその反対表記はNOK(不良)の何方かに統一しなければならない。これは前職で海外の顧客から指摘され学習した。日本の超大手メーカの製造ラインのモニターにもOK,NGが使用されておりよく問題にならないのが不思議だ。

IMGP0005 (39).jpg
継ぎ足しの留継枠がジャストフィットした。

IMGP0008 (28).jpg


IMGP0009 (28).jpg
posted by かねとく at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: