2019年08月30日

セイリングカヌーのラダー検討

先日中禅寺湖で壊れたセイリングカヌーのラダーを10月末までに直さなけらばならない。そこで今回は確りした部材で金具とラダーを作り変えようと検討している。写真は10年ほど前に友人からの依頼で製作したAcorn Dinghy 10'2"のラダーである。このラダーの構造は形状は図面通りであるが、ラダーブレードの回転機構が違う。このラダーブレードとラダーヘッドは同一の厚さで、扇型の真鍮板でラダーブレードを両側から挟み込みラダーヘッドに差し込む形で取り付けている。こうすることでラダーヘッドの厚みを薄くしている。今回自分のセイリングカヌーに同様の方式で作り変える予定である。
金具の部材も手配をするところである。

IMGP0010 (30).jpg

IMGP0011 (33).jpg
セイリングカヌーのラダーこれほど扁平に出来ないので、細長である。


IMGP0012 (30).jpg

IMGP0013 (33).jpg

posted by かねとく at 23:28| Comment(0) | カヌー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: