2019年09月11日

Band Saw Blade銀ロウ付けと試し切り

昨日準備した木工用バンドソーブレードと、今日は金属用のブレードをテーパカットし銀ロウ付けでスカーフジョイントを行った。ろう付けの所要時間は僅か5秒程度であっという間に完了した。ブレードが細く薄いので当たり前の結果である。その後、バンドソーに取り付け試し切りを行なったが、金属用のブレードは予想以上によく切れた。20mm角の黄銅角材をあっという間に切断できた。切り口は写真のごとく大変細かいヘアーラインのようになっていて平面が出ている。今回、セイリングカヌーのラダー部品に大いに役立ちそうで期待が持てる。

IMGP0051 (18).jpg
金属用のブレードのテーパカットを治具を使用しベルトサンダーで削り出しているところ。注意しないと削りすぎが怖い

IMGP0053 (17).jpg
ロウ付け直前の状態、ここで ジョイント部にフラックス塗布し、銀ロウ(5ミリ角程度の板状)を挟み込む

IMGP0055 (22).jpg
銀ロウ付けが完了したところ

KIMG0310.jpg
20ミリ角黄銅角材の切断面

KIMG0312.jpg

KIMG0313.jpg
posted by かねとく at 23:36| Comment(0) | 木工機械
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: