2019年11月04日

間柱の使い道 第2段

今週末は、愛知県高浜市で開催のWBBMに参加するが、往路は途中車中泊をする。そこでいつも懸案であった後席と運転席の間を埋める「すのこ架台」を作ることにしたが、ちょうど間柱の端材で製作できる寸法であるので早速本日これに取り組んだ。今回は、桟材の接合は全てポケットホールを使用し確りと組み上がっている。脚部はここのみホゾ組みを採用した。時間がかかるが、抜き差OKで強度が高いし、デッドスペースも少なくなる。

IMGP0001 (28).jpg

IMGP0002 (37).jpg

IMGP0003 (35).jpg
外枠もポケットホールを採用し確実な接合を行なっている。脚部は1/2"幅のとおしホゾ組みを採用している。

IMGP0005 (44).jpg
「すのこ」の桟は全て5mmの溝穂を彫りポケットホールで肯定
posted by かねとく at 22:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: