2019年11月13日

組立式家具用金物

ある大型収納家具の製作検討依頼を受け、要求仕様にマッチした組立機構を探していいたが、国内のものは部品代は廉価であるが、それに伴う穴あけ作業が相当ありまた同時に穴あけ精度が厳しく歩留まりが悪い。それに対して今回見つけたのは、Lamelo社のP-systemと言う接合金物(実際はカーボン樹脂+亜鉛ダイキャストのラッチ)で、この部品をワークに精度よく穴開けする専用のRamloのカッターがある。早速、問い合わせサンプルを頂き確認して見たところ、まさに今回探していた機能を持つものであった。この機械は少し高価であるが穴あけは一回で完了し、当該穴の左右精度は十分なトレランス(交差)を持っており、効率の高い作業ができる。今回の案件がまとまらなくても是非欲しい機械である。

IMGP0001 (29).jpg
三種類のジョイントが準備されている

IMGP0003 (36).jpg

IMGP0004 (39).jpg

IMGP0005 (45).jpg

IMGP0007 (35).jpg

IMGP0008 (31).jpg
ビスケットジョイントの様な楕円形の金具の半分を円周上にできた溝にはめ込み固定する。これが、この部品の特徴で素晴らしところである。
posted by かねとく at 22:45| Comment(0) | 木工機械
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: