2020年03月30日

作業用デニムエプロン

開業以来い作業中は、安全のためと筆記用具や物差し、ナイフ、ドライバー等を携帯するためにデニムエプロンをかけている。しかし、作業中には必ず大鋸屑や木工旋盤の切こを被り、エプロンのポケットは木屑ポケット化してしまう。何か他に良いエプロンはないかと探したがなかった。この手のエプロンはコストを抑えるためポケットでさえ数を減らす状況であり、木屑が入らないようにするものなぞあるはずがないと思う。そこで、アパレルの仕事をしている娘に頼みポケットの蓋をつけてもらった。

試しに本日使用したところ効果は大変良好であった。ただ一点、蓋はベルクロではなく磁石式のボタンを使用すると、開閉が容易であると気づいた。

IMGP0005 (50).jpg
使用前の状態

IMGP0006 (45).jpg
本日の作業後のエプロンの汚れ

IMGP0007 (43).jpg
ポケットの蓋を開けたところ。よく見と、蓋の内側やポケットの上端部は木屑等が付着していない。

IMGP0008 (35).jpg
胸ポケットは防塵対策とうつ向いた際にポケットから鉛筆やルーラーが落下しないようにデザインしている。
ある人はこのポケットを45度ほど傾けて取り付けているのを見たことがある。
posted by かねとく at 23:15| Comment(0) | 工房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: