2020年07月15日

再延長ベッド試運転

本体を白色スプレーで塗装し旋盤本体に取り付けた。ベッド上端部間のレベルも揃い早速試運転を行った。試料は40ミリ角台のポプラ材を1100mm長に切り取り付けた。これをステディレストを使用し35Φ丸棒に仕上げる。結果は、再延長ベッドは振動やテイルストックのロックずれを起すこともなく大変安定している。これで、次回からシェーカーチェアーのバックポスト長をオリジナル寸法通りにに削り出すことができる。

IMGP0017 (52).jpg


IMGP0022 (48).jpg


IMGP0021 (53).jpg
posted by かねとく at 23:43| Comment(0) | 木工機械
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: