2022年11月03日

プロジェクト合間の治具作り

先週、モールディング材の加工で何度か出番があったテーブルソーやルーターテーブルのワーク押さえ治具に、フェザーボードがあり、ワークが少々暴れてもしっかり固定できるボルト・ナットが欲しかったのでM16ボルトの頭を利用し試作してみた。M16ボルトは過剰な太さであるが、テーブルソーのTスロットの溝幅と上手くマッチし僅かな加工でTスロットボルトになる。部品代としては200円余りと廉価に作れる。

IMGP0017 (99).jpg


IMGP0016 (100).jpg


IMGP0015 (91).jpg


IMGP0014 (98).jpg

IMGP0012 (96).jpg

IMGP0011 (105).jpg

IMGP0021 (99).jpg
posted by かねとく at 23:29| Comment(0) | 木工機械
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]