2020年10月06日

収納キャビネット改修工事

今日は地元のお宅から収納キャビネットの改修工事を請け負い実施した。気候的には良い日和であったが、現地工事の準備が甘く腰を折る状態が続き大変疲れた。この様な仕事はたまにしか無いが、出来るだけ疲れにくく安全で安定な作業環境を整えたい。日本の現場作業ではベニア板を相じゃくりで十文字に組み合わせた脚部に3’x6’板を載せた作業台が普及しているが、自分はもう少し良い方法を考案したいと考えているので、その方式は敢えて使っていない。
今日は、写真は無し。
posted by かねとく at 22:07| Comment(0) | 日記

2020年09月25日

フェルトボードの加工完了

今日はフェルトボードに半丸穴開け工程が最大の難関であった。先ず丸穴開けコンパス治具を作成し端材で練習をするも、やはり薄いカッターブレードでは曲率が高く厚さがあるものに対してはブレや曲がりが発生し断面を直角に切り出すのは難しかった。そこで半丸の左右から90度ずつ切り込み、出来るだけブレードの内反りを抑える切り終えた。そのた、磁石受け鉄板とネオジム磁石の取付を行い、全ての工程を完了した。

IMGP0001 (43).jpg
丸切りカッター治具

IMGP0002 (62).jpg

IMGP0003 (51).jpg
全てのパーツの製作を終えた。
posted by かねとく at 22:28| Comment(0) | 日記

2020年09月24日

フェルトボードの加工

グレイとブラックの2種類のフェルトボードが届き外形加工を行った。厚みが10mmあるのでカッターナイフはブレードが柔らかいので振れやすい。そこで定規自身を歪まず直線性のよい18mm厚集成材に変えてみるとかなり安定し所望の切り出しが出来た。更にこの定規にカッターブレードを押し付け垂直にフェルトボードに切り込む要領で切り進める。結構疲れる作業であった。明日は、これらの板にマグネット受け鉄板をネジ止めする。

IMGP0028 (53).jpg
480mm長の妻手の切り出し。これくらい長さが取り扱いやすくていい。長手の900mmでは工作台に乗り上がり体を左右に動か切り出した。

IMGP0029 (53).jpg
カッターブレードを左手で抑えているところ

IMGP0030 (55).jpg

IMGP0031 (54).jpg
posted by かねとく at 22:43| Comment(0) | 日記