2022年09月30日

輪っぱ蒸し曲げ治具の改造

今までの蒸し曲げ治具はワークを手で巻きつける木型固定方式であったが、今回は木型にハンドルをつけ、また蒸し曲げ材をバックアップする当て板を採用する予定である。とりあえず今日は、木型を一旦取り外しそのセンタにM8ボルトを通しベースに固定しスムーズに回転出来るよう改造した。

IMGP0005 (102).jpg

IMGP0006 (100).jpg

posted by かねとく at 23:02| Comment(0) | 木工機械

2022年07月09日

アクセサリーボックス 木工作業完了

本日、アクセサリーボックスの全てのパーツの面取り及びサンディングを実施し木工作業を無事終えた。月曜日にヒンジと正面に角型パッチン錠を取り付けて、外部のみ蜜蝋ワックスを塗布して完成の予定となった。今回は、詳細設計しながらの製作工程が多かったため、手戻りも多く時間がかかった。プロセスシートを作成し今後の製作に活かしたい。



IMGP0026 (96).jpg

IMGP0031 (84).jpg
サンディングで出た木粉は、水拭きすると目が立つので厳禁であるが、無水エタノールはこの用途に適していて目が立つことはな無い。

IMGP0032 (84).jpg

IMGP0035 (71).jpg

IMGP0039 (82).jpg

IMGP0040 (68).jpg
先ず、底部抽斗前板に蜜蝋ワックスを塗布し様子を見てみた。これで行けそうである。
posted by かねとく at 22:26| Comment(0) | 木工機械

2022年06月19日

集塵機の排気フィルタを交換

約8年間使用してきた工房の集塵機排気フィルタを布製袋からカートリッジフィルタに交換した。取説は添付されていないが、ネットのカタログには1ミクロンの濾過が可能とある。今までのものは5ミクロン程度であったが、集塵機が作動すると布袋が膨らみ目に見える粉塵が漂っていた。今回の交換でより快適な作業環境になることを期待している。


IMGP0015 (83).jpg
上部から下に伸びる黒いハンドルは、回転させることでカートリッジフィルタ内部のヒダに付着した粉塵を掻き落とすククリーナである。
posted by かねとく at 15:50| Comment(0) | 木工機械