2021年07月02日

サービングトレイ オイル仕上げ

サービングトレイのサンディングとオイル仕上(桐油とカシューの混合)を行った。今回はカシュー(透)を多い目に調合したのでかなり濃い仕上がりとなった。ワトコオイルではなく自然仕上げオイルなので乾燥にじかんがかかりそうだ。

IMGP0003 (70).jpg


IMGP0008 (68).jpg


IMGP0011 (76).jpg
底板はトレイ本体の溝に差し込む構造であるので、幅方向はフローティング(湿度による収縮・膨張を配慮し固定しない)にして中央部に2Φの竹ひごを打ち込み左右への変動を可能にしている。

IMGP0013 (82).jpg

posted by かねとく at 23:23| Comment(0) | 作品

2021年07月01日

サービングトレイの製作

ルーバ折戸の受注で、遅れていたサービングトレイの製作を再開した。本来はロット製作品であるが、明日から暫く新工房の造作を行うので今回は単品製作とした。
暫く振りのトレイ製作で工程手順を忘れ、思い出すのに少し時間を要した。やはり工程手順書を作成し図面と一緒に保管しなければ駄目だと痛感した。

IMGP0047 (37).jpg
ここがポイントの四方転び留め継ぎ要領

IMGP0048 (51).jpg

IMGP0049 (50).jpg


IMGP0050 (50).jpg


IMGP0051 (40).jpg

IMGP0052 (41).jpg
posted by かねとく at 22:24| Comment(0) | 作品

ルーバ折戸納品と実装

6月29日、ルーバ折戸を納品し現地実装工事を無事終えた。今回は色々とチャレンジング工程があり手間と悩むことがあったが、事前に工房での納まり具合の確認で大きな問題もなく完了できた。実装作業に追われ中型のみの撮影となった。

KIMG0906.jpg

KIMG0907.jpg
posted by かねとく at 22:15| Comment(0) | 作品