2020年10月19日

Macgregor canoe製作その8

本日、残りのステムのベベル削りが上がり、これで前後のステムのベベルは完成した。もう毎回同様の写真を見せ続けているがこれが最後となる。スターン部のガーボードのつもりで同一厚さのベニア板(4ミリ)で当たり具合を確かめが、いい感じである。本番は4ミリ厚のロシアンバーチ合板を使用する。

IMGP0037 (50).jpg

IMGP0039 (50).jpg

IMGP0041 (41).jpg
posted by かねとく at 21:53| Comment(0) | カヌー

2020年10月17日

Macgregor canoe製作その7

今日は、船首左側と船尾側右側ステムのベベル削りを実施した。刃研ぎを毎回するので結構時間が掛かり船尾ステム左側を残した。GL工法(Glued Lapstrake)であるので、ステムと外板の接着面が出来るだけ平面で合わせる必要が有り、慎重なベベル削りが求められる。今回は豆平鉋を多用しているので結構綺麗な面が出来た。

IMGP0026 (56).jpg
シェアーストレーク(両舷の外板)は綺麗に木型上にフェアーカーブ(滑らかな曲線)を見せている。


IMGP0028 (54).jpg


IMGP0032 (53).jpg


IMGP0034 (58).jpg
船首側ステムのベベル削りは完了した。こんな感じである
posted by かねとく at 21:46| Comment(0) | カヌー

2020年10月16日

Macgregor canoe製作再開

ミニサイドテーブルの製作はオイル仕上げの2回めを残すのみになったので、今日からまたMacgregoer canoeの製作再開した。今日は船首側のステムのポートサイドのローリングベベルを豆鉋で削り取った。

IMGP0022 (53).jpg
ステム前にスツールを置いて腰を落ち着かせ各プランク毎に豆鉋を使いステムのベベルを削り出す。


IMGP0023 (51).jpg
外板(ここでは、バテンを使い)とステムが隙間なく上手く接合出来る事を確認している。

IMGP0024 (37).jpg
posted by かねとく at 22:06| Comment(0) | カヌー