2021年05月03日

Macgregor Canoe 外ステムとキール接合部の曲面削合わせ

世間一般的にはゴールデンウィークの真っ最中であるが、当工房は日曜日のみが休業日である。今日はアウトボーン工程の本当の最後である外ステムとキール接合部の曲面合わせの削りを行った。僅かな作業工程であるが気を抜かず慎重に削り出しフェアーなカーブが出来た。

IMGP0092 (2).jpg
バウ側の写真、当然スターン側も同様に削りを行いフェアーカーブが出来ている。

IMGP0093 (4).jpg

IMGP0095 (5).jpg
posted by かねとく at 23:55| Comment(0) | カヌー

2021年05月02日

Macgregor Canoe キール取り付け完了

昨日はキール取り付けを実施完了したが、カメラの持ち帰りを忘れ今日のアップとなった。
外ステムのトリミングを確実にしておいたのでキールは前後端とも完璧に接着取り付けできた。後は、キール前後端部と外ステムとの曲面出しを終えると、一連のアウトボーン工程は完了する。

IMGP0088 (5).jpg

IMGP0089 (6).jpg
キール先端部に鉛筆描きした線よりもう少し緩いカーブで曲面を整える。

IMGP0091 (5).jpg
キールの接着取り付けは、各モールドとその中間点に細ビスで仮留めしている。
posted by かねとく at 21:15| Comment(0) | カヌー

2021年04月30日

Macgregor Canoe 外ステム取付後のトリミングとキールベベル切り出し

昨日、接着取り付けた外ステムのキール接合面をトリミングし、ここに乗せるキール材のベベル(テーパ)をテーブルソーで切り出した。
外ステムは15枚の薄板をエポキシ接着積層しており、ここを斜めに切りキールの緩いカーブ面と一致させるため手持ちの鉋を総動員して繋がる面を出した。エポキシ積層接着しているので鉋刃は長切れせず何度も研ぎ直しが必要である。

次に、約3750mm長のキールは底辺部21mm幅、先端幅10mm幅の台形であるので、テーブルソーのフェンスを使い切り出した。左傾斜に5/15の勾配に設定し左右に折り返し切ると簡単であるが、工房内部を配置換えをするのに小一時間は掛かった。

IMGP0072 (15).jpg
外ステムの削りだし

IMGP0074 (12).jpg


IMGP0076 (12).jpg
キールのテーパカット

IMGP0077 (14).jpg
posted by かねとく at 23:06| Comment(0) | カヌー