2019年03月23日

本棚完成と収納

今日、本棚に背板を取付け平積みしていた雑誌を収納した。これでスッキリしたがこれからも2ヶ月ごとに増える分はまた棚等を準備しなければならない。

IMGP0079 (4).jpg
posted by かねとく at 21:49| Comment(0) | 工房

2019年03月10日

鋸枕をまた作る

前回もブログに載せたが大したネタだはないが、ゴム集成板の端材の使い途としてはいいものであると思う。
構造は前回と同じく枕板に取り付く脚は蟻溝継で金具一切使用しないので、丸ノコ歯等の刃物が当たっても損傷がないのと
確実な接合方法であるからこれにこだわっている。 高さを共通化しておくと大型家具の持ち上げや、家具の組み立て接着時のクランプ掛けの持ち上げスペーサとして大変便利である。

IMGP0055 (14).jpg

IMGP0056 (7).jpg

IMGP0057 (13).jpg



posted by かねとく at 00:05| Comment(0) | 工房

2019年03月09日

ディスクグラインダ火の粉対策

最近一連の丸棒鋼材等の切断や研削でディスクグラインダを多用しているが、特に切断時の火の粉の勢いが激しく、火の粉除けに使用しているキャンバス地の前垂れ先端のフサは、今回2度ほどその火の粉を受け着火した。当然工房内は全て木で覆われており火の粉は火災の危険があるので以前から対策を考えていた。今回、何かいいもんはないかと金属製のものを検討していたが、よく考えると以前建築現場の仕事で使用した高級不燃キッチンボードが端材としてあったのでこれ利用してみた。3x6板サイズでこれを3等分しヒンジ代わりに銅線で縛るだけの簡単な構造の囲いを作成した。効果は抜群で大変安心できるものができた。材料的にはもっと廉価な珪カル板やプラスターボードでも良いかもしれない。

IMGP0053 (10).jpg
3方の囲いと、それに底板も不燃ボードを敷いている

IMGP0054 (13).jpg
この写真は切断面研削で火花はたいしてない。切断時は写真撮影を思いつかなかったのでその凄さをお見せできなのが残念である。
posted by かねとく at 23:50| Comment(0) | 工房