2021年09月17日

ランバーラック完成

本日ランバーラックの天井端に転び止め押し付け桟を取付け本制作は完了した。そして、直ちにロフト中央床面にバラ置きしていた材木を本ラックに載せ整頓を行った。写真で分かるが下から1段目、2段目は堅木で重量のあるホワイトオーク材とホワイトアッシュ材を棚の間隔一杯に載せているが、ランバーラックは全く問題なく材木を支えている。
今回の製作で、2x4材に7/8"鋼管の組み合わせで、大きな荷重にも対応していることが分かる。

IMGP0045 (54).jpg
ランバーラックの対面にあるH形鋼とランバーラック天井桟を30x40mm角材で結びラックの押し返しをさせている。

IMGP0049 (54).jpg


IMGP0050 (53).jpg


IMGP0051 (43).jpg


IMGP0053 (45).jpg
ロフト床面中央部に乱雑に置いていた木材はほぼラックに収まって、未だ収納スペースがあり今後の整理整頓に努めたい。
posted by かねとく at 23:07| Comment(0) | 工房

2021年09月16日

ランバーラック製作その2

本来ならランバーラック完成とアップしたいのであるが、壁に取付けて見ると壁の下地が弱い箇所があり明日その補強を行い完成の予定。本ラックの説明をすると、ポストは2x4材を使用し400mm長22.2mm(7/8")Φのメッキパイプを2度の勾配で穴あけし差込んでいる。強度は昨日の記事のとおり65kgでも問題なく耐える。穴あけには7/8"径のフォスナービットを使用した。当初穴径とパイプ径が一致していると嵌合がきつくて差込できないのではないかと心配し、約¥1700もだし23mmΦの木工ビットを購入したが、これでは余裕がありすぎ不採用。結局インチサイズの7/8"のフォスナービットを使用しジャストフィットした。明日午前中もう少し補強を行い午後から引越荷物を整頓できればと考えている。

IMGP0037 (61).jpg



IMGP0039 (63).jpg

IMGP0042 (65).jpg

IMGP0043 (58).jpg

IMGP0044 (56).jpg

posted by かねとく at 23:05| Comment(0) | 工房

2021年09月15日

ランバーラックの製作

エアコン移設も無事完了し、残りの作業はボート2艇と、仕掛中のMacgreor Canoe1艇の移動を急がなければならない。しかし新工房ロフトへしまい込むためには、現在ロフト床面に乱雑に置かれている木材を片端にラックを作り立体的に収納しボート2艇分のスペースを作らなければならない。そこで旧工房のランバーラック解体部材を使用し製作することにした。このラックは2x4材と22.2mm直径の鋼管でつくる材木専用である。この鋼管で本当に耐荷重が取れるのか自分自身の体重65kgを掛け試したが問題なくリアーした。

IMGP0033 (65).jpg

IMGP0032 (69).jpg

IMGP0034 (67).jpg
posted by かねとく at 21:57| Comment(0) | 工房