2022年05月10日

ランバーラック製作その2

今日は朝からランバーラックの2x4材で作る支柱を天井H鋼材と如何に接続するかを考え、ようやく方針を決めた。
先ず支柱の先端を屋根勾配の17°で切り落とし、その端面上に接続金物(パイラック)をM8ボルトで固定しH鋼材と接続するものである。支柱が長くなると寝かせて穴開けをしないといけないので少し面倒であるが確実でその他追加金具は不要である。首尾は上々であった。

IMGP0043 (67).jpg

IMGP0037 (76).jpg

IMGP0036 (75).jpg

IMGP0038 (71).jpg

IMGP0040 (65).jpg

IMGP0041 (68).jpg
posted by かねとく at 23:12| Comment(0) | 工房

2022年05月09日

ランバーラックの製作

工房ロフトの整備は未だ完了していない。先週はロフト入り口の吊戸を完成させたが、あとは西側壁面に取り付けるランバーラックとボート/カヌーの二段重ね可能な台車の製作が残っている。先ずはランバーラックの製作に着手した。この方式は既に東側壁面に採用しているので要領は得ているが、壁面の下地が違い色々と取り付け方法を思案している。あまり考えていても進まないので、ラックの柱である2 x 4 材に2°の上向きの傾斜を付けて7/8"(約22mm)の穴を開けた。

IMGP0033 (78).jpg
垂直より2°傾斜((写真では88°)し、深さ65mmを約50個程開けた

IMGP0031 (80).jpg

IMGP0030 (87).jpg

IMGP0029 (83).jpg
posted by かねとく at 22:39| Comment(0) | 工房

2022年05月06日

ロフト入り口吊戸完成

今日は朝からサンディングし、仕上げは蜜蝋ワックスを塗布した。今回は工房の入り口扉であるので何も処理しないでおこうと考えていたが、少し時間的余裕と仕上材料が豊富に残っていたので蜜蝋ワックスを掛けた。当初はワトコオイルもあるのでこれで行こうと考えたが、鏡板のポリカ中空板を既に組み付けているのでオイルが中空層に流れ出し汚れるのでやめた。蜜蝋ワックス掛けのあと小判型の引手をつけて完成、早速レールに取り付け高さ調整をして摺動具合をみたがまずまずの出来栄えであった。

IMGP0021 (82).jpg

IMGP0024 (66).jpg

IMGP0026 (91).jpg


IMGP0028 (79).jpg
posted by かねとく at 22:46| Comment(0) | 工房