2022年05月23日

セイリング・リグの収納その2

今日は、マスト、ブーム、ヤード等のスパー類、リーボード、ダガーボード、ラダーの収納を行った。出来るだけ平面に置くことで、必要な時に一々探し出したり、取り忘たりを防ぐためである。スウォート(マスト、リーボード用)のみ明日に持ち越したが、90%は完了した。今まで西側壁面を埋め尽くすようなものを置いていなかったので天井照明で十分明るかったが、今回壁面をリグで埋め尽くしたのでかなり暗い感じがする。何か骨董屋に入ったような気もする。

バージョン 2.jpg


IMGP0069 (22).jpg

IMGP0070 (27).jpg

IMGP0071 (22).jpg

posted by かねとく at 23:01| Comment(0) | ボート

2022年05月21日

セイリング・リグの収納

ロフトの整理整頓に続き、引っ越し直後からの懸案であったカヌー・ボートのセイリングリグの収納に取り掛かることが出来た。大きなアマ(浮力体)、それを艇に取り付けるアカ(ビーム)は場所を取るものであったが、壁面に固定桟を取り付け引っ掛け等の工夫で省スペース収納が可能になった。今日は、左側の大きなアマとアカのみで、写真右側は来週に持ち越し。


IMGP0060 (43).jpg

IMGP0062 (31).jpg

IMGP0063 (31).jpg
ロック機構をつけた

posted by かねとく at 23:10| Comment(0) | ボート

2022年05月19日

カヌー・ドリーのパーツを製作

今日は、カヌー・ドリーの艇を受けるブラケットを製作した。先ずカヌーの中央部の外形断面をスパイリング手法で写し取り、積層モールドブロックの基板上にカーブを再現する。次にそのカーブに沿ってバランス良くブロックを配置固定する。
後は積層板にエポキシ接着剤を塗布して大量のクランプで積層固定した。今回は3mm厚x100幅x1100mm長の耐水ベニアを6枚積層した。

IMGP0039 (78).jpg

IMGP0037 (77).jpg

IMGP0038 (72).jpg

次に、車軸のアルミ丸棒と角材の境目に取り付ける適切な市販品ワッシャが無かったので自作した。3mm厚100mmx100mmのアルミ板から予備も含め4枚製作使用と考えたが、手間がかかるので2枚に留めた。丸穴は鉄工用自由錐で半径調整が結構際どい。外形はバンドソーで概略切り出しサンダーで仕上げた。

IMGP0041 (69).jpg

IMGP0045 (60).jpg

IMGP0042 (70).jpg

posted by かねとく at 22:40| Comment(0) | ボート