2019年04月15日

K様トレッスルテーブル オイル乾燥待ち

1回目オイル仕上げから7日程経つが、桐油とカシュー調合オイルの乾燥度は今一つである。しかし、ここを焦ると良い結果は得られないのでもう暫く待機する必要がある。この乾燥度の確認中に天板と天板を支える上部桟との取り付けについて
もそのネジ穴を確認した。添付写真でわかるように、横桟の天板に接する面には4個の穴があるが、外側の穴にはV溝を切り天板が湿度の変化で膨張・収縮しても取り付けネジが動けるようにしている。

IMGP0084 (3).jpg

IMGP0083 (2).jpg

IMGP0082 (4).jpg
posted by かねとく at 23:00| Comment(0) | 作品

2019年04月10日

K様トレッスルテーブル製作その4

昨日は、カメラを忘れ撮影できなかったが、昨日に1回目オイル研ぎを実施した。桐油とカシューの調合オイルであるので乾きが悪く、1日経った今日もまだべたついた状態である。焦らず自然乾燥を待つしかない。今日はとりあえず乾燥の効率的に行うため、脚部を再度組み立て台車に乗せ天板を乗せて乾燥させている。他の作業に合わせ移動できるのが最大のメリットである。


IMGP0076 (4).jpg

IMGP0077 (5).jpg


IMGP0078 (4).jpg


IMGP0080 (3).jpg
posted by かねとく at 22:24| Comment(0) | 日記

2019年04月08日

K様トレッスルテーブル製作その3

今日は、脚部の足下端のすき取り、貫、ポストのビード加工、貫埋め込みナットを仕込むホゾの作成と取り付け、全面の丸面取り、サンディングまでを行い接着組み立て完了。簡単そうな行程であるが結構時間がかかっている。明日は天板のとりけで木工作業完了させる予定。しかし、地元中学校の入学しに来賓出席のため半日が潰れてしまうが、これもマーケッティングと考えよう。

IMGP0061 (10).jpg

IMGP0060 (10).jpg

IMGP0058 (16).jpg
仮組み立てした脚部を工作台のパピー(テイルバイス)で取り外しているところ。よく考えたら、パピーは不要で直接ベンチドックの外外側にワークを挟めば解決することであった。


IMGP0063 (11).jpg
posted by かねとく at 22:41| Comment(0) | 作品