2019年08月12日

赤松で背面板補強フレームを作る

留継枠の裏に取り付ける背面板補強フレームを赤松材で制作した。以前はシナランバーコアボードであったが、色々と不具合があり赤松無節材を使用してみた。シナランバーのような積層断面がなく大変均一で美しい。

IMGP0066 (9).jpg


IMGP0067 (14).jpg
posted by かねとく at 22:24| Comment(0) | 作品

2019年08月10日

留継枠のオイル研ぎを完了

今日は3種類の留継枠のオイル研ぎを行い完了した。今回は材種の木目を変えたのでまた新しい外観を楽しむことができた。これで残りの製作工程は後わずかとなった。

自分のポケットカメラでは本当の色が出ないので参考までに

IMGP0061 (13).jpg


IMGP0062 (16).jpgIMGP0064 (18).jpg
posted by かねとく at 22:46| Comment(0) | 作品

ダブルブレード・ロープのアイスプライシングの練習

先日は3打ロープのアイスプライシングの特訓と題して書いたが、今回はダブルブレード・ロープのアイスプライシングをやっている。3打ロープのように編み込みはないが、ダブルブレード・ロープは外被網と芯線網から成り立っており、これをアイ部分を通しそれぞれをクロスオーバ交差させることが特徴である。これを行うためにFidなる針のようなものを使用するが、購入するのも勿体無いので真鍮パイプで試している。しかしクロスオーバー部の内側にこのFidを通すことが至難の技で未だに成功していない。まだ色々と試行錯誤を行い自分でアイスプライシングを完成させたい。

写真は6ミリφの16打ダブルブレード・ロープで、5ミリφのFidを自作している。Fidよりも針金式でやった方がいいかもしれないが、適切なものが見当たらない。

IMGP0058 (21).jpg


IMGP0060 (18).jpg
posted by かねとく at 00:05| Comment(0) | ボート