2019年01月10日

スモールベンチ組み立て

本ベンチの脚部ホゾに楔のスリットを切るジグを作成した。また同時に楔打ち込みでホゾ割れ防止に止穴を開ける位置だし穴を設けた。この治具のお陰で、全てのホゾのセンターにスリットを開けることができた。

IMGP0024 (13).jpg
スリット切りジグ(割れ防止穴位置付)

IMGP0025 (27).jpg
バンドソーでスリットを切る

IMGP0026 (24).jpg
座板に脚部の合わせ番号を入れた

IMGP0029 (25).jpg
接着組み立てが完了

IMGP0031 (20).jpg
楔を打ち込んだところ
posted by かねとく at 23:44| Comment(0) | 作品

2019年01月09日

スモールベンチ脚部製作

昨日無垢材より切り出したベンチの脚部材を4本に挽き割り、旋盤加工を行い脚部は完成した。
半年ぶりの木工旋盤加工での作業感覚を忘れ、型板からの墨つけや位置だしに結構時間を取られた。
今回の作品は販売数を期待するものでロット製作で効率化をもっと検討しなければならないと痛感した。
色々な側面があり、作業の合間を見て検討しよう。

IMGP0012 (22).jpg
無垢材から脚部材4本を引き割る

IMGP0013 (21).jpg
旋盤作業の良いところは、大雑把に気取りできるところにある

IMGP0019 (18).jpg
スキューチーゼルで脚部に膨よかなカーブを出す

IMGP0018 (26).jpg


IMGP0021 (24).jpg
4本分の切子相当な量になった。


IMGP0023 (19).jpg
脚部4本完成、座板ほぞ穴にもジャストフィットである


posted by かねとく at 22:29| Comment(0) | 作品

2019年01月08日

ホワイトアッシュ材入手

昨年末小型ベンチのオーダーを頂いたが、脚部になるホワイトアッシュ材が切れたので、即手配したが年末年始の休みで
本日ようやく届いた。早速脚部になる部材を切り出し、明日から本ベンチ製作の再開である。
今回仕入れたホワイトアッシュ材は52ミリ、38ミリ厚で3メートルである。節や赤みがなく又、ネジレ等の歪みも少なく良い物が入手できた。52ミリ厚の方は1枚で26キログラムあり3枚で約70キログラムくらいあり結構重く取り回し辛かった。

IMGP0004 (25).jpg

IMGP0008 (18).jpg

IMGP0009 (19).jpg
今回必要な部材はこの長さ! 残りは在庫で次回に即応準備

posted by かねとく at 22:59| Comment(0) | 日記