2020年10月14日

ミニサイドテーブル 製作その5

今日は、抽斗とこれを天板下に設置するための吊り桟を製作したが結構工程数があり手間を要した。吊り桟は固定用のトラスねじが手元になく明日の取付とした。後は天板の仕上げ削りで木工作業は終え、それからオイル仕上げで完成となる。

IMGP0002 (64).jpg
接着組み立てでウエッブクランプ(ベルトクランプ)を使用している。程よい締め付け力である。

IMGP0003 (53).jpg
抽斗の左右の吊り桟

IMGP0004 (58).jpg
天板下に吊り桟を仮に載せた状況

IMGP0005 (66).jpg
組み上がった抽斗、底板はこの後取り付けた。


IMGP0012 (53).jpg
天板を仮に置いてみた

IMGP0014 (54).jpg
吊り桟を使用した抽斗はこの様に9割方引き抜くことが出来る。大変スムースである。
posted by かねとく at 23:21| Comment(0) | 作品

2020年10月13日

ミニサイドテーブル製作その4

今日は、本体の仕上げ鉋掛けを実施し接着組み立てまでを終えた。用材のイエローポプラは鉋掛けに適した木材とつくづく思う。今回は寸八分鉋の仕上げ鉋と豆鉋の2本を良く刃研ぎし仕上げた。脚の長いテーパは逆目に掛る部分も有るが、よく研いだ鉋刃と調整が取れた裏金と鉋刃口があると完璧に逆目は起きない。ブラックチェリーだとなかなかそうは行かないのである。

IMGP0052 (30).jpg
脚の長いテーパ部を鉋掛けしている。イエローポプラは仕上げ鉋をかけると非常に滑らかで光沢有る木肌になる

IMGP0053 (31).jpg
側板と背板の仕上げ鉋

IMGP0054 (32).jpg
側板と脚の接着組み立て、この後、背板と前桟で両側面を繋ぐ

IMGP0056 (31).jpg


IMGP0057 (34).jpg


IMGP0058 (32).jpg


posted by かねとく at 22:31| Comment(0) | 作品

2020年10月12日

ミニサイドテーブル製作その3

本日夕刻、脚のテーパカットとその他天板取等の付ホゾ穴開け加工を終え、仮組立を行った。高さが800mmあり今までのもの以上に精悍な感じがする。明日は、仕上げ鉋掛けとサンディングで接着組み立ての予定。

IMGP0042 (52).jpg

IMGP0043 (45).jpg

IMGP0045 (41).jpg
posted by かねとく at 23:09| Comment(0) | 作品