2017年10月05日

ローダ脚部接合方法改善を完了

選手から取り掛かっていたローダ脚部接合方法改善は本日ようやく完成した。これでローダ本体に脚部を取り付ける際に、同接合部の補強板は不要となり、さらに取り付けネジも当初の左右各1個で済む。
脚部に接合部品を取り付けるための金具は、キーホール金物というもので最近なかなか見かけなくなっているが、スガツネ工業が販売している。これがあると板断面同士の接合が確実にできるので自分は多用している。

IMGP0034 (4).jpg
二個のキーホール金物を接合部品に取り付けたところ。脚部の皿ネジ頭をこの金物のキーホールに差し込みスライドしてロッックする。

IMGP0030 (6).jpg
ローダ本体前板の左右耳部分に脚部を差し込んだところで、まだ固定ボルトは差し込んでいない。この状態で脚部はほぼ所定の角度で保持している。

IMGP0025 (4).jpg
差し込んだ脚部を横から見たところ。今回脚部前板を20ミリ詰めているので補強板は差し込み易くなった。

IMGP0021 (4).jpg


posted by かねとく at 22:07| Comment(0) | カヌー

2017年10月02日

ローダの脚部接合部改善

ローダ本体に脚部を取り付ける機構が今ひとつ不便んであった。そこで、ローダ本体前板に脚部を差し込む板を一体化し、
今まで使用していた差し込み板とその固定ボルトを削減、また同時に脚部を取り付け際に片手で保持する必要がなくなった。今日はその一体化させる部品(差し込み板)の製作とニス塗装までを行った。

IMGP0016 (3).jpg
ニス塗装中の一体化部品(差し込み板)。この映像だけではよく理解できなと思うが、木口断面の小判形彫り込みは接合金具の取り付け位置。
posted by かねとく at 23:17| Comment(0) | ボート

2017年09月30日

カヌーソロパドリング練習

実は、来たる10月15日(日)に横浜縦断カヌーフェスティバルにエントリーするので、今日彩湖で2時間ほどパドリングの練習に行った。昨年も同フェスにはエントリーしたがタンデム漕ぎであったので7キロメートルを1時間6分のタイムであった。今回はソロパドリングであるのでタイムを少しでも良くしたいのが本音である。しばらくパドリングから離れていたので、torso twist antwist(腰を捻って水をキャッチし、ひねり戻しで前から後ろへひねり返しの推進力を得る)を忘れていいた。今日の後半はなんとか思い出しパワーストロークができた。来週も練習し本番に備えたい。

IMGP0010.jpg
彩湖の噴水のある南側の水面から北上し北端の水門まで約15分かかった。


IMGP0011.jpg
彩湖の周囲ではベジタブルマラソンという大会が行われていた。この写真では全くマラソン大会の状況が分からない。
posted by かねとく at 22:31| Comment(0) | 日記