2019年03月30日

古い道具が活躍

写真の道具は約30年ほど前に購入した丸鋸テーブル、マンション住まいの5年間程活躍したが今の戸建てに引っ越してからはデルタのポータブルテーブルソーで趣味の木工をやっていた。もう使わないのでこの古い丸鋸テーブルを処分しようと思っていたが、今になって必要な用途(留継補強に薄いカンザシ(miter key)を作る)がありまた使うことになった。捨てなくてよかった。マキタのロゴが昔のもので面白い。

IMGP0001 (15).jpg


IMGP0003 (24).jpg
接着固定クランプ固定中のカンザシ切り治具
posted by かねとく at 21:17| Comment(0) | 木工機械

2019年03月29日

マイターカットスレッドのフェンス作り直し

今日は、昨日のやり残したマイターカットスレッド・フェンスの誤差修正を再チャレンジしたが改善は少なく、よく観察するとフェンス自体の反りと、取り付けネジの影響でフェンスの凸凹が発生しているのであった。材質はハードボードと中身は赤松OSB材の様に見える。これ以上、改善はできないので、柾目のポプラ材に変えた。すると大変安定で5 cuts methodで試し切り測定すると何と、0.035mmまで改善できた。

IMGP0088 (2).jpg

IMGP0089 (2).jpg

IMGP0095 (2).jpg

IMGP0096 (3).jpg

IMGP0099 (1).jpg

five cuts methodで切り出したサンプル。約250mmの地点で0.035mmのエラーである。


posted by かねとく at 00:17| Comment(0) | 木工機械

2019年03月27日

マイターカットスレッドのフェンス取り付けと調整

昨日製作したマイターカットスレッドの前後フェンスを今日取り付けた。まず、前側のフェンスは切り込みを入れて左右のマイターカットスレッドの板が分離しないためのブリッジであるので特に配慮はいらない。しかし後ろ側即ちワークを支えるフェンスは常に鋸刃に対して直角に切り込み、このフェンス全体にわたり直線が保持されなければならない。そこで5 cut method を利用して後フェンスと鋸刃との誤差を測定し修正をかける。今日は、0.12mmのところまで追い込んだがそのレベルでは甘く、明日再度挑戦する予定。

IMGP0087 (2).jpg

IMGP0086 (2).jpg
posted by かねとく at 23:13| Comment(0) | 木工機械