2020年10月12日

縦切治具の改良

今回製作中のミニサイドテーブルの脚は天板上端より約180mm下がった点から底まで脚の幅の半分までをテーパカットする。これを精度良く且つ安全に行うためには、ワークを確実に固定出来る縦切治具が必要であが、現行のものはクランプをスライドさせるレールの固定ネジ部が弱く、クランプを強く締めすぎるとレールが浮き上がるという不具合があり、以前から改善を予定していた。今回は細く長い脚のテーパカットを行うので、今朝一番で取り掛かった。

IMGP0035 (45).jpg
改良前の縦切治具で、赤色の横三本のレールをMDFにタップを切り直接固定していた。

IMGP0036 (53).jpg

IMGP0037 (49).jpg
22 W x 55L x 4.5tの平鋼材からレールを固定するナット兼座金を製作

IMGP0038 (52).jpg
赤色横置きレールの裏側

IMGP0040 (44).jpg
早速、今回のミニサイドテーブルの脚のテーパカットに使用し、大変安定した綺麗なテーパ切り口が得られた。

IMGP0041 (40).jpg
posted by かねとく at 22:57| Comment(0) | 木工機械

2020年10月10日

ミニサイドテーブル製作その2

今日は、天板の木造りと矧ぎ合わせを行い、昨日木造りしておいた本体のホゾとホゾ穴開けを完了し、脚部と側板の仮組立まで行こなった。今回の作品は、以前製作した図面に新規要求仕様を取り入れただけであるが、前回の製作工程を思い出すの少し時間を要した。とにかく、工程については見直しと効率化を進めたい。

IMGP0031 (56).jpg
三枚矧ぎ合わせで天板を製作する。

IMGP0027 (51).jpg
卓上角蚤盤でほぞ穴をかける

IMGP0033 (49).jpg

IMGP0034 (57).jpg


posted by かねとく at 23:30| Comment(0) | 作品

2020年10月09日

ミニサイドテーブル製作開始

本日より、オーダ頂いたミニサイドテーブルの製作に取り掛かった。先ず、52mm厚のイエローポプラ材から所要の部材を切り出し、手押しカンナ盤で第1、2面を作り、自動鉋盤で分決め、テーブルソーで寸法出し、バンドソーでひき割りを行い本体部分の木造りを終えた。厚板は、挽き割りで木取り効率が良く、また質も良いので最近良よく採用している。

IMGP0016 (53).jpg

IMGP0019 (52).jpg

IMGP0022 (52).jpg

IMGP0023 (50).jpg

IMGP0024 (36).jpg

IMGP0025 (52).jpg










































posted by かねとく at 22:05| Comment(0) | 作品