2022年04月28日

ロフト入り口吊戸の横框ホゾ切り出し

先週から一時休止していた、ロフト入り口の吊戸製作に戻った。早く吊戸を製作組み立て実装したいのだが、建築現場からの実オーダが次々と入り忙しく嬉しい悲鳴である。今日は吊戸の横框材のホゾ切り出しと、縦框との嵌合確認までを行った。明日残りの作業で完成させたいとこである。

IMGP0029 (82).jpg
今回もホゾ切り出しで大活躍のテノイング治具、角ノミ盤とこの治具がないと建具は効率よく出来ない。

IMGP0027 (76).jpg
ホゾは全て2段2枚ホゾで製作している。複雑そうであるが、角ノミ盤とテノイング治具があれば簡単に且つ左右の誤差が少ない対象性の高い組手が出来る。


IMGP0026 (90).jpg


IMGP0024 (65).jpg
posted by かねとく at 23:03| Comment(0) | 工房

2022年04月27日

ホワイトアッシュ材でカウンタ框をつくる

これも新築現場のカウンタの鼻先に取り付ける框材製作加工である。在庫のアッシュ材は52mm厚x200mm幅x3100mm超の中央部で曲がっており手押し鉋盤で40mm厚まで削り込みようやく第1面が出来た。木端面の第2面も中央で湾曲しているので前後で6mm程削り込んだ。この板から、長さ2.7mで32x73角材を2本先ず作り、その裏側片側に20x20.5mm角の彫り込みで作る框である。新工房移転後初めての大物加工となった。

IMGP0006 (87).jpg


IMGP0009 (90).jpg


IMGP0008 (88).jpg
インフィード、アウトフィードテーブルを取り付け長材削りの安定を確保している

IMGP0013 (98).jpg


IMGP0015 (78).jpg
今日のホワイトアッシュ材1枚の加工だけでバケツ満杯となった。

IMGP0018 (90).jpg


IMGP0020 (79).jpg


IMGP0023 (79).jpg
完成した框材2丁

IMGP0022 (84).jpg
posted by かねとく at 21:58| Comment(0) | 作品

2022年04月26日

建築リフォーム向け建具材木造り

先週末から、建築現場(リフォームを含む)向け木造りの依頼が続けて入り、今日はラジアタパイン集成材で建具の木造りを行った。この集成材は、既に綺麗にサンディング仕上げがされており、表面は追加研磨等の仕上げは不要であるが幅決め後の木端面は少し荒れているので仕上げ鉋を掛けている。先週末のホワイトアッシュ材のような堅木ではないので造作も無いことである。

IMGP0003 (85).jpg

IMGP0002 (103).jpg
posted by かねとく at 22:37| Comment(0) | 日記